口臭対策と歯槽膿漏改善に「 デントール 」


40歳以上の約90%は歯槽膿漏にかかっている!口臭は立派な加齢臭のひとつか!?嫌な口臭はまず歯槽膿漏予防から。

もしも歯槽膿漏であれば、歯磨きやうがい、消臭ガムは効果が期待できません。!!




口臭は、健康の黄色信号!恐ろしい歯槽膿漏。

現在、40歳以上の日本人の90%以上が歯槽膿漏にかかっていると言われています。 これは硬いものを食べる機会の少なくなった現代日本人の国民病と言えるでしょう。 気になる口臭ですが、 歯を失うことは老後の健康な体の維持を困難にするばかりでなく、ボケにも直結する大変なことなのです。

●健康な歯茎は出血しません。

リンゴを噛んだときなどに歯茎から出血した経験はありませんか。 これをお読みになっている方の多くはきっと経験があるはずです。 出血を軽く考えがちですが、歯茎というのは意外と強く、 健康な歯茎であればリンゴを噛んだ程度ではまず出血しません。 つまり、出血した時点ですでに歯槽膿漏はかなり進行していると言えます。

●放置して良くなる可能性は

歯槽膿漏は症状の進行が非常に遅く、初期段階では痛みを伴わないため 本人の自覚がないうちに患ってしまいます。 さらに症状に波があるため、一度自覚しても処置をしないまま痛みが退くと 治ったような気になってしまうこともあり悪化させてしまうことが多いようです。 歯槽膿漏は放置していつの間にか良くなることはありません。 これは歯科医師の誰もが認める常識ですが、なんとなく放置してしまう患者さんが多いのが現実です。

●1日5分が歯槽膿漏の解決に。

「歯槽膿漏−抜かずに治す」(片山 恒夫著 朝日新聞社)によれば 1日10時間、特別の方法で歯を磨けば、かなり進行した歯槽膿漏でも治るとあります。
1日10時間歯を磨けば治ると言われても、それを実行することは 一般の人々にとってほぼ不可能です。ですから一度歯槽膿漏になってしまうと、 その症状の進行を止めることができないまま最終的に歯根部まで歯茎が後退し、 ぐらつき始めるため抜歯せざるを得なります。
しかし、10時間が5分になれば---- 1日10時間のブラッシングで得られる効果を1日5分で得られるようになれば、 誰でも歯槽膿漏を治すことができるはずです。これが開発に当たっての基本理念です。 この理念に従い、試行錯誤を経て完成したのが本製品なのです。

  口臭も気になる方。

  歯茎からの出血が時々見られる方。

  口臭、加齢臭対策に加え、歯と歯茎の健康を積極的に考えたい方


<詳しい情報とご注文は↓↓↓

歯周ポケットクリーナ「 デントール 」


【お奨め加齢臭予防商品】------------------------

臭いニオイは内側から消す「ボディミント 2箱セット」

ビタミンC(栄養機能食品)

コエンザイムQ10 かむタイプ(栄養機能食品)

ラクトファイバーエチケット

シャンピニオンエキス・パセリ配合の「臭麗MAX」

体の中から消臭サプリ「綺麗な香」

口臭対策と歯槽膿漏改善に「 デントール 」

角質黒ずみ酵素入浴剤