予防法その7〜ストレスのない生活を送る

ストレスのない生活を送る。

ストレス過多の生活は過酸化脂質を増やし脂肪酸と結びついてノネナールの生成につながるため、ストレスのない生活を心がけよう。

あなたは自分のニオイを気にしすぎてはいないだろうか。必要以上に気にしていると、そのこと自体がストレスとなり、体内に活性酸素を作り出し、過酸化脂質が増加し、ノネナールを生み出すという悪循環を起こすと言われている。

また発汗(や発汗を原因とするニオイ)の問題は少なからず、心の病を引き起こすこともある。ニオイを気にするあまり、神経症を患う場合があるのだ。

「自分のニオイを回りの人間が臭がっている」「人がたくさんいると決まって汗をかく」などの思い込みが、自分の心を支配して対人関係や仕事に差しさわりを持つようになったら注意しよう。加齢臭は誰にも起こる現象であり、ニオイを予防したり、少なくする対策はいくらでもあることを覚えていたい。

気にしすぎないこと。

執着心の強い人で、万一思い当たる人は医師やカウンセラーに相談してみるのも良いだろう。

神経質にならず、前向きに対処していくのは良い。適度に趣味やスポーツなどでストレスを発散して、心の健康を保つようにすることが加齢臭の対策にもなるのだ。

≫≫≫次へ